あの場所へ行こう!

テレビや映画で観たあのシーンのあの場所へ行こう!

東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~

東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~

東野幸治と岡村隆史の2人が、ゲストと共に様々な場所を旅する番組。

シーズン11 高知・四万十川の旅のロケ地

放送日: 2017年07月12日〜2017年08月09日

ゲストに女優の満島ひかりを迎え、東野が以前から行きたいと思っていた高知県の四万十川でドライブしながら水遊びをし、四万十川の天然うなぎを獲って食べるのを目標とした旅。

かわうその里すさき

旅をスタートして最初に朝食を食べるために旅猿一行が訪れた道の駅が「かわうその里すさき」でした。 かわうその里すさきは、地元のグルメを堪能でき、新鮮な野菜や特産品などお買い物も楽しめる四国最大級の規模の道の駅です。

番組では施設内の多田水産で、カツオの藁焼きを体験。 燃え盛る炎でカツオを炙り焼き、それを美味しく頂いていました。 また高知県須崎名物の鍋焼きラーメンと美味しそうでしたね。

かわうその里すさき

かわうその里すさき

〒785-0022 高知県須崎市下分263-3

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

上宮沈下橋

上宮沈下橋

四万十川らしい景色が見たいと一行が訪れた橋が「上宮沈下橋」でした。 上宮沈下橋は1957年建設の歴史ある沈下橋。 沈下橋とは、川の洪水時に橋面が水面下になる橋のことで、そんな洪水にも流されないように頑丈に作られた橋のことです。

番組では沈下橋の上を散歩。 橋の上を3人でダッシュする爽快なシーンを撮影したりして楽しみました。

上宮沈下橋

上宮沈下橋

〒786-0323 高知県高岡郡四万十町上宮831-3

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

道の駅 四万十とおわ

四万十川の沈下橋を楽しんだ一行がお茶をするために訪れた道の駅が「道の駅 四万十とおわ」でした。 道の駅 四万十とおわは、四万十川沿いにある道の駅で、四万十川の絶景を見ながら休憩することができるスポットです。

道の駅 四万十とおわ

道の駅 四万十とおわ

〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

岩間沈下橋

岩間沈下橋

観光客に人気の沈下橋を見ようと訪れたのが「岩間沈下橋」でした。 岩間沈下橋は、四万十川に47箇所架けられている沈下橋のうちで、橋から見える風景が最も美しいと言われている、四万十川一番のフォトスポットとして知られる橋です。

岩間沈下橋

岩間沈下橋

〒787-1321 高知県四万十市 高知 西土佐岩間

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

四万十川でカヌー体験をするために旅猿一行が訪れたのが「四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ」でした。 かわらっこは、四万十川の大自然の中でキャンプやカヌーができる施設です。

番組では3人でカヌーに挑戦。1人乗りのカヌーにそれぞれ乗り、雄大な四万十川を満喫しました。

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

四万十カヌーとキャンプの里 かわらっこ

〒787-1229 高知県四万十市田出ノ川24

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

四万十の碧

うなぎ捕り体験のために旅猿一行が訪れたのが「四万十の碧」でした。 四万十の碧は、四万十川での遊覧船屋形船を楽しめるお店。

番組では天然ウナギ獲りの仕掛けを遊覧船で見せに行かせてもらい、ウナギ獲りを体験。 1日目は残念ながら獲れませんでした。

四万十の碧

四万十の碧

〒787-1221 高知県四万十市三里1446

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

季節料理 たにぐち

四万十川で獲れた美味しい天然ウナギを味わうために旅猿一行が訪れたのが「季節料理 たにぐち」でした。 「季節料理たにぐち」は、四季折々の四万十川料理を味わえる老舗の料理店です。

番組では、四万十川で獲ってきた手長エビをお店の人に素揚げにして頂き、そして目的の天然ウナギのお重を堪能した一行でした。

季節料理 たにぐち

季節料理 たにぐち

〒787-0033 高知県四万十市中村大橋通4丁目50

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

民宿長寿庵

旅の宿泊先となった古民家宿が「長寿庵」でした。 長寿庵は一日一組限定の古民家を民宿として利用している宿です。 レトロな家具や郷土品が、独特の雰囲気を作り出しているお宿。

民宿長寿庵

民宿長寿庵

〒785-0505 高知県高岡郡津野町芳生野1621-1

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる

早瀬の一本橋

早瀬の一本橋

旅のエンディングの場所となったのは「早瀬の一本橋」でした。 早瀬の一本橋は、沈下橋の原型といわれる、木を渡しただけの素朴な橋です。

番組では宿の女将さんが作ってくれた朝食のお弁当を食べながら、四万十川の自然を堪能する旅のフィナーレを迎えました。

早瀬の一本橋

早瀬の一本橋

〒785-0503 高知県高岡郡津野町芳生野1472

OSCA LABO Place

この場所の詳細をみる