あの場所へ行こう!

テレビで観たあのシーンのあの場所へ行こう!

水曜どうでしょう

水曜どうでしょうのロケ地

北海道テレビ放送(HTB)製作のバラエティテレビ番組。 タレントの大泉洋・鈴井貴之とディレクター藤村忠寿と嬉野雅道の4人が無謀で過酷な旅をする様を放送する。

十勝二十番勝負のロケ地

放送日: 1998年06月03日〜1998年06月17日

十勝二十番勝負

日勝峠展望台

 北海道十勝地方の魅力を存分にお伝えするため、十勝の20の市町村を回り、各町のおすすめを紹介するという企画「十勝二十番勝負」。 ラジオ局から安田さんと共に大泉さんを拉致し、企画の出発地点となったのが「日勝峠展望台」です。

続きを読む

十勝二十番勝負

緑ヶ丘公園

 北海道の魅力をたっぷりとお伝えするため、十勝の20市町村を回り各地で第一村人から聞いたオススメをお伝えする企画「十勝二十番勝負」。 二箇所目に訪れた帯広市では「六花亭」のお菓子をオススメで紹介されます。 番組内で六花亭のお菓子を食べたのが、400mの長いベンチで有名な「緑ヶ丘公園」です。

続きを読む

十勝二十番勝負

上士幌航空公園

 北海道の魅力を存分とお伝えするため十勝の20の市町村をまわり、第一村人からオススメを紹介してもらいそれを体験する「十勝二十番勝負」。 上士幌町で紹介されたオススメは「気球」。 毎年「バルーンフェスティバル」が開催される「上士幌航空公園」で on ちゃんが気球体験をします。

続きを読む

十勝二十番勝負

新嵐山スカイパーク

 北海道の魅力を紹介するため十勝の20の市町村をまわり、第一村人からオススメを聞いてそれを体験する「十勝二十番勝負」。 芽室町の「はるなちゃん」に紹介してもらった「新嵐山」に訪れます。

続きを読む

エピソード・企画から探す

都道府県から探す