あの場所へ行こう!

テレビで観たあのシーンのあの場所へ行こう!

水曜どうでしょう

水曜どうでしょうのロケ地

北海道テレビ放送(HTB)製作のバラエティテレビ番組。 タレントの大泉洋・鈴井貴之とディレクター藤村忠寿と嬉野雅道の4人が無謀で過酷な旅をする様を放送する。

北海道212市町村カントリーサインの旅のロケ地

放送日: 1997年08月13日〜1997年09月03日

北海道212市町村カントリーサインの旅

登別温泉郷 滝乃家

 北海道の全ての212市町村を2泊3日で全てまわろうと挑んだ「北海道212市町村カントリーサインの旅」。 豊頃町で大泉さんがひいたカードは鹿部町、鹿部町までの長距離移動でやられてしまった(緊張の糸が切れた)どうでしょう軍団は登別温泉に吸い寄せられてしまいます。 この登別温泉で一行が泊まったのは「登別温泉 滝乃家」です。

続きを読む

北海道212市町村カントリーサインの旅

洞爺湖

 北海道の212市町村を全て回ろうと意気込んで始まった「北海道212市町村カントリーサインの旅 」の企画、豊頃町で引いたカードにより鹿部町が次の目的地。 しかしあまりにも疲れ、そしてモチベーションが下がってしまったどうでしょう軍団は、登別温泉で一泊し、更には「洞爺湖」でモーターボードを楽しんでしまったのでありました。

続きを読む

北海道212市町村カントリーサインの旅

大沼国定公園

 北海道の212市町村を全て回ろうと意気込んで挑んだ「北海道212市町村カントリーサインの旅 」、豊頃町から鹿部町に向かう間に疲れがピークを迎えてしまい登別温泉に一泊し、テンションが下がってしまった4人は洞爺湖で遊んだり、いちご狩りをし、最後は「大沼国定公園」でミスターに「生き地獄」をお見舞いします。

続きを読む

エピソード・企画から探す

都道府県から探す